• TOP
  • >
  • MEDIA 一覧
  • >
  • 想いが伝わる!エンドロールのスペシャルサンクスとは?
2017-10-10
想いが伝わる!エンドロールのスペシャルサンクスとは?

#プレ花ワクワクプロジェクト

 

みなさま、こんにちは!

シネマティックデイズの中島です

 

今回は、「想いが伝わる!エンドロールのスペシャルサンクスとは?」についてお話しさせていただきます。

 

 

 

「そもそもスペシャルサンクスって何なの!?」

「スペシャルサンクス」という言葉は「特別な感謝」という意味です。
映画のエンドロールでも、見ることがあります。

映画の場合のエンドロールは、映画に携わった人の名前がロールで流れますが、

それは逆に言えば映画に携わった人しか表示されていないのです。

しかし、映画に出演したり、脚本を書いたり、カメラを回したりしていなくても
その作品に大きな影響を与えた人がいる場合もあります。

例えば、昨年大ヒットしたアニメ映画「君の名は。」では、

新海監督が影響を受けたとされる、岩井俊二監督がスペシャルサンクスとして、登場しているようです。
映画作品自体には直接携わっていなくても、

「この作品には、あなたがくれた影響が詰まっているんだ!!」

という熱い想いから、スペシャルサンクスとなるのです!!

 

 

「結婚式のスペシャルサンクスは誰に対して??」


さて、ここからは結婚式でのお話です!

そもそもスペシャルサンクスではない、ゲストの方々のお名前の意味も知らなくはいけません。
映画では「作品に携わった人々」がロールで登場しますが、結婚式では「二人のこれまでの人生に携わった人々」として、

お名前を流します。単純に、その日その場に居たからではありません。
いままで支えてくれてありがとうという感謝の意味を込めて列席していただき、エンドロールでも流れるのです。

 

でもそんな人生の大舞台の結婚式。その舞台を作る手伝いをしてくれた人もいると思います。
プランナーの方や、司会者の方、仕事とはいえ、たくさんの方々の協力で成り立つのが結婚式です。
準備をしていくうちに、その方々の感謝の気持ちが生まれる事もあるかと思います。

私もよく撮影終わりに新郎新婦様にご挨拶に伺いますと、
プランナーさんと一緒に写真を撮ったり、新婦さんとプランナーさんが涙を流していたり
結婚式という大舞台だからこその絆が生まれていたりします。

ゲストの方々だけではなくて、会場の方への感謝の気持ちも伝えたいという方。
スペシャルサンクスと言う形でエンドロールに入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

「知って得する、結婚式情報!1分動画配信中!!」

 

友だち追加